親子90人が魚つかみ 塩沢川で恒例の体験教室 飯田市下久堅

地域の話題

[ 2017年 7月 20日 木曜日 15時10分 ]

魚をつかまえ満足そうな児童

 地元の川に親しんでもらおうと、飯田市下久堅公民館育成部は「海の日」の17日、親子体験教室を下虎岩の塩沢川で開いた。保育園児から小学生までの50人と保護者や役員ら40人が集まり、ニジマスのつかみ取りを楽しんだ。

 

 かつては川遊びが盛んに行われた地元の川を見直し、親子で夏の思い出を―と4年前から続けている。

 

 ニジマス200匹を放流し、4匹ずつ捕まえて塩焼きにし、みんなで味わった。

 

 毎年参加してコツをつかんでいる児童も多く、腰を低くして岩の下の奥まで手を伸ばしたり、逃げ道をふさいだり。 次々と捕獲すると、テレビ番組さながらに「とったど~」と声を上げ、友だちや保護者たちに見せていた。

 

 初めて参加した下久堅小学校5年生の男子児童(10)は「魚はぬるぬるしていた。動きが速かったが、たくさん捕まえれて良かった」と笑顔を浮かべた。

 

 育成部の宮内雅部長(60)は「親子で自然と触れ合い、下久堅の魅力を再確認してくれたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号