豊丘・旧河野村の古文書を解読し寄贈

地域の話題

[ 2017年 8月 12日 土曜日 13時05分 ]

003komojo

 立正大学(東京都)文学部史学科の藤井明広助教が豊丘村の旧河野村に関する古文書をネットオークションで購入し、学生らと調査・整理に当たった。古文書は1688(元禄4)年~明治初期までの計156点。くずし字を解読したり現地調査に入るなど2年ほどかけて整理し、1冊にまとめて村に寄贈した。

 藤井助教らは10日、村役場に下平喜隆村長を訪ね、古文書と作成した文書目録1冊を寄贈した。2年余に及ぶ活動内容も報告した。

 村教委によると、古文書の保存状態はいい。旧河野村の庄屋から流れ出たとみられる。

 2014年のネットオークションで藤井助教の目に留まり、藤井助教がスギの木箱に収納された古文書を落札した。その後、史学科の学生有志8人らと「河野村研究会」を独自に立ち上げて解読作業を進めた。

 最も古い記載の文書は元禄4年9月19日付で作成された検地帳の写しで、大半は文化期から明治初年に作成された河野村政に関する資料だった。天保期に領主知久家への拝借米金に関する願書、堀越の開発、説教組に関する文書、借用や質値の証文も。近世における河野村住民の生活を知る上で貴重な史料群―とみた。

 文書目録に目を通した豊丘村の寺沢宜勝教育長は「当時の生活が良く分かる。今の時代と同じようなことで悩んでいたんだな」とうなずいていた。

 学生は発足当初、くずし字がほとんど読めなかったというが、週1回程度の活動を継続する中で読解の能力が向上。史料の整理方法を習得する機会にもなった。また学生たちは現地調査を通して村への関心を高めたようだ。

 寄贈の古文書は村資料館に保管され、希望者は閲覧できる。藤井助教らを迎え、180年前の暮らしを知るための村民向けの講演会を開くことも考えている。同館の唐澤武彦主任(65)は「豊丘村と縁もゆかりもなく、全くの偶然から始まった活動でおもしろい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30