豊丘村でチョウザメ料理の事前説明会

地域の話題

[ 2020年 1月 23日 木曜日 15時02分 ]

 豊丘村のチョウザメ料理コンテストへ向けた事前説明会と試食会が22、23の両日、村内の割烹安藤であった。出品を検討する上下伊那の調理師ら14人が参加し、チョウザメのさばき方や魚肉の特徴などを確認した。

 同村では住民有志が県元気づくり支援金を活用し、「チョウザメ養殖・振興プロジェクト」を発足。リニア時代へ向けた新たな食として、チョウザメ料理を普及拡大しようと取り組んでいる。

 すでにチョウザメ料理を提供している安藤の池野大樹さんが、チョウザメを解体しながら特徴を紹介。うろこの取り方や頭部の解体方法をはじめ、部位ごとに適した料理や保存方法などを伝えた。

 池野さんは「キャビア(魚卵)が知られるが、肉も淡水で育つ魚としては最上級。皇帝魚とも呼ばれる。頭部もひれも使えて捨てるところがない」などと話した。

 解体の実演後は、から揚げや刺身などを試食提供。参加者の一人は「初めて食べたが、思ったよりもくせがない。どんな料理でも使えるので考える価値はありそうだ」と話した。

 料理コンテストは2月9日午後2時から、村交流センターだいちで開く。一般参加者の投票による見た目審査や審査員による食味審査などを経て優劣を決める。一般向けにチョウザメ料理の試食提供も行う。

◎写真説明:出品予定者にチョウザメの使い方を説明

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞