豊丘村の「十王像」を文化財に指定

地域の話題

[ 2012年 3月 29日 木曜日 15時46分 ]

 豊丘村教育委員会は、田村区北市場一の自治会所にまつられている木像「十王像」10体を村文化財に指定した。指定は仏像や建造物、天然記念物などに分かれ、今回は地元住民の信仰を集めているなどとして「信仰」に分類。23番目の指定で、信仰を対象に指定するのは初めて。

 同指定は、2005(平成17)年の野田平の日本一のポットホールがある名勝地「大明神淵」以来7年ぶり。

 地元自治会から指定への申し入れがあり、村教委は文化財調査委員会(原嘉彦委員長)に諮問。1年ほどかけて現地調査や審議を重ね、今月22日に信仰区分での指定を答申。村教委は答申通り決定した。

 村教委によると、十王像がまつられていた十王堂は1625(寛永2)年に建立されたとされ、同じ時期に十王像が作られた。1994年に10体を安置し自治会所を兼ねていた十王堂の移転に伴い、十王像も現在の会所内に移した。

 十王とは、あの世で死者を裁く、えん魔大王ら10人の王たち。北市場一の十王像のうち、えん魔大王は高さ37・5センチ、ほかは平均同29センチ。1体は首を失ったままだったが09年までに修復。10体がそろい、現在は子安地蔵などと一緒に会所内にまつられている。

 北市場一の福沢誠さん(85)は「文化財指定は大変うれしく、地域の宝として末永く守っていきたいです」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24