豊丘村のNPOが農林水産大臣賞

地域の話題

[ 2014年 4月 4日 金曜日 9時55分 ]

 豊丘村の農家の女性らでつくるNPO法人「加工組合かあちゃんの店」が、郷土料理の継承や開発を通して地域づくりを進める女性を表彰する「第23回食アメニティコンテスト」(農村開発企画委員会主催)で、最高賞の農林水産大臣賞を受賞した。

 2000(平成12)年、農家女性83人の出資により「豊丘村農産物加工組合」が発足。交流センターだいちの西側にある施設を拠点に、無添加にこだわった加工品の製造を始めた。活動の幅が広がるにつれて施設が手狭になり、神稲の商業ゾーン「たむらんど」内に2つ目の加工施設兼常設店舗「かあちゃんの店」をオープン。昨年4月にNPO化している。現在は惣菜、漬け物、みそ・梅、ジュース・ジャム、菓子の5部門で活動を展開している。

 降ひょう被害を受けたリンゴで作り始めたコンポート(砂糖煮)は村内外の学校給食でも使われている。またコンポートの調理過程で出た半端物を活用し、アップルパイを商品化。いまでは人気商品になっている。

 審査講評では「ひょう害による農産物のピンチを知恵で救い、さらに代表的な商品にできたのは、加工に対する丁寧な取り組みと味に対するこだわりがあったから」と指摘。地域農業への活性化にも貢献しているとした。

 同NPO理事長の菅沼栄美子さんは「農家の生産意欲が失われないよう取り組んできたことが評価され、大変うれしい。今後も、市場に流通されない規格外品に付加価値を付けられるような取り組みを進めたい」と話した。

 コンテストは、農山漁村の女性や女性グループによる地域の特産物を活用した食に関する起業活動が地域に貢献している優秀な活動を表彰することで、優良事例の普及と農山漁村の振興、都市との交流の促進につなげることを目的にしている。

 表彰式は先月24日、都内で行われた。農水大臣賞はかあちゃんの店の他、日々木の森(青森県十和田市)、石畳の宿さくらの会(愛媛県内子町)が受賞した。

 受賞を受け、村は17日に祝賀会を村交流センターだいちで計画している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04

モモさん題材のオペレッタも

2月12日水曜日15:54

無病息災願い事の神送る

2月11日火曜日13:28

初のチョウザメ料理コンに11品

2月11日火曜日13:18

代田氏大会の精選に言及

2月8日土曜日14:31

やりたいことの実現を

2月8日土曜日14:25

来年度事業に住民も意見

2月7日金曜日16:15








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞