豊丘村堀越で「植樹祭り」~桜の名所に~

地域の話題

[ 2014年 3月 4日 火曜日 12時45分 ]

 豊丘村堀越にある村指定文化財のエドヒガン「笹見平のしだれ桜」(推定樹齢400年)周辺で2日、植樹祭が開かれた。住民ら約70人が参加。桜の保存活動に取り組む「南信州日本花の会」(飯田市)から寄贈された桜の苗木を、大きなしだれ桜を見下ろす雑木林の斜面に植えた。

 堀越の住民有志は昨年3月、しだれ桜の一帯を整備しようと西部環境美化実行委員会を立ち上げた。以前は桑畑だったというしだれ桜の西側の斜面約5000平方メートルを整地。雑木などを伐採し、足場を確保するため7つの段差を付けた。整備費は村の「自らつくる地域づくり事業交付金」を活用した。

 同会は、高さ2メートルほどの「舞姫」と「神代曙」の2種類を50本ずつ寄贈した。

 この日は苗木の贈呈や記念植樹に続き、同会のメンバーが植え方を指導した。参加者はアドバイスを参考にしながら20センチほど掘った穴に苗木を植えて支柱に固定し、丁寧に肥料をまいていた。実行委員長の福島昭治さんは「しだれ桜だけでなくたくさんの桜を楽しめる名所になれば」と期待を込め、参加した下平喜隆村長は「お花見が楽しみだ」と笑顔で語った。

 植えた桜は早ければ3、4年で花を付ける見込み。

 同会は活動開始から6月で10年になる。会員は30~80代の約60人。会長の森田和市さんは「これからも地元の盛り上がりに協力し、飯田下伊那を桜で飾っていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞