豊橋駅で119系の引退イベント開く

地域の話題

[ 2012年 4月 3日 火曜日 9時12分 ]

 1982(昭和58)年に製造され、83(同59)年に入線して以降、地域の人々を運ぶ動脈として活躍してきた飯田線の専用車両「119系」の引退イベントが29日、愛知県の豊橋駅であった。最後の姿を見ようと、多数のファンが全国から足を運び、別れを惜しんだ。

 119系は旧国鉄が製造した飯田線専用の直流近郊形電車で、83(同59)年2月に入線し、豊橋―辰野間の195キロで運行。87年の国鉄の分割民営化後はJR東海が継承し、伊那谷の空や天竜川をイメージしたそれまでの青色タイプから、クリーム色の車両に緑色とオレンジ色のラインが入った東海カラーに変更し、約30年間にわたって活躍した。

 2009年には1編成を旧カラーに再塗装して「幸せの青い電車」として話題を呼んだが、老朽化が進んだため、昨年12月から213系、313系への更新が進められていた。

 「ありがとう119ウィークス」の最終イベントとして開かれたのが今回の引退式。午後4時40分に「ありがとう119」のヘッドマークを付けた水色の最終特別列車が登場すると、詰め掛けたファンが沸いた。

 高橋佳一駅長が運転士に花束を贈呈し、「大勢のお客さんに出迎えていただき、あらためて愛された列車だったと感じた。30年間ご苦労さまという気持ち」とあいさつした。

 119系はその後、転線して車両基地へ。愛好家たちは姿が見えなくなるまで見守り、大きな拍手を送っていた。

 JR東海によると、引退する車両の後利用は未定だという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52