赤い実鮮やかツチアケビ 畑の土手で見つかる 阿智村駒場

地域の話題

[ 2017年 9月 15日 金曜日 15時21分 ]

駒場で発見のツチアケビ

 阿智村駒場の農家の畑で11日、県の絶滅危惧種Ⅱ類に指定されているツチアケビが2本見つかった。土手草刈りをしていた人が鮮やかな赤色に目が付き、近づいて確認した。

 ツチアケビはラン科の多年生植物で、腐葉土の多い森林に育つ。葉がなく地面から伸びる高さ30センチ余りで直径1センチほどの茶色の花茎に、アケビの形に似た実が付く。実は5センチ余りで赤く、20個余りが房状に付いている。

 生息地が少ないことから、絶滅危惧種になっており、飯田下伊那地域ではなかなか見ることができない。美しい色合いだが、採取などは禁止されている。

 実は熟しても裂開せず食用にはならないが、漢方の強壮・強精剤に用いられるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞