遠山漁協が初企画 寄付のアマゴ放流、つかみ捕りに歓声

地域の話題

[ 2014年 4月 30日 水曜日 13時18分 ]

 飯田市の遠山漁業協同組合(佐藤光弘組合長)は27日、遠山川と上村川の2会場で初の「アマゴつかみどり大会」を開いた。組合員や地域住民ら約100人が参加。浅瀬に放流されたアマゴの生け捕りを楽しんだ。

 同地域に広く関わる青崩峠道路工事連絡協議会や上村中郷ツベタ沢工事用道路建設業者らが、日ごろの工事協力に感謝するとともに河川環境保全への思いを込めてアマゴの成魚、約800匹を寄付。これを受けた同組合が、地域住民に還元しようと企画した。

 天候に恵まれたこの日、遠山川(遠山中学校裏側)の南信濃会場には、バケツや魚籠(びく)を携えた親子連れなどが参集。約500匹のアマゴが放流されると一斉に浅瀬に入り、競うようにして魚を追った。中には連携プレーで数十匹を捕獲した親子も。跳ねる魚を捕えるたびに谷間には歓声が響いた。

 和田小学校6年の女子児童(11)は家族5人で参加した。「2番目の弟が一番多く捕まえた。家での夕食はアマゴの塩焼きです」と話していた。佐藤組合長は「漁協としては初めての企画だが、こんなに大勢の人たちが参加してくれるとは予想もしなかった。子どもたちに親しんでもらうのが一番だと思う」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞