郵便事業会社飯田支店で年賀状配達出発式開く

地域の話題

[ 2010年 1月 5日 火曜日 8時56分 ]

 元旦の1日早朝、飯田市鈴加町の郵便事業会社飯田支店(高野達夫支店長)で年賀状の配達出発式が開かれ、自転車やオートバイのハンドルをにぎった社員やアルバイトの高校生ら約100人が元気良く発進した。飯田下伊那地域の郵便局では、この日のうちに昨年を7万通上回る175万通を配達し、各家庭に温もりあふれる年始のあいさつ状を届けた。

 初日の出の直前、配達用のバイクや自転車を並べた社員やアルバイトらが駐車場に集まり、出発式を開催した。

 高野支店長は事故やミスの防止を呼び掛け、「安全、安心で正確に届けて」とあいさつ。合図に従い、自転車に乗り込んだ高校生が先陣を切って出発し、凍結した路面に注意しながら慎重にハンドルを操作して各家庭に向かった。

 同支店によると、信越地域のことしの年賀状の取り扱い量は前年比229万通減の6766万通を見込む。民営化3年目で作業の効率化も進み、元旦の配達数は大幅にアップしているという。

 飯伊全域では、正月期間中に昨年並みの500万通余を配達する予定で、配送業務にかかわるスタッフは社員と高校生を合わせ380人に上る。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞