野あそび保育みっけが園舎改築費用募る

地域の話題

[ 2017年 3月 9日 木曜日 16時20分 ]

003cloud

 飯田市鼎を拠点に野外保育を行う森のようちえん「野あそび保育みっけ」(内田幸一園長)は、同市北方に取得した園舎の改修費用の一部をクラウドファンディング(インターネットによる資金調達手段)で募っている。改修は認定こども園に移行する必要条件で、今回の目標額は150万円。保護者が中心となって協力を求めている。

 認定こども園への移行は「園の安定的な運営と、保護者の金銭的、時間的負担を軽減するため」(内田園長)に目指す方針。

 認定されると補助が受けられるようになり、保育料が現在の6割程度の2万円台に引き下げられるほか、現在午後3時半までとしている基本保育時間を、スタッフの増員により1時間延ばせる見通しだという。

 新園舎となる建物は北方の高台にある鉄骨平屋約400平方メートルの元飲食店で、認定こども園の基準を満たすために約700万円かけて保育室と調理室を整える。改修費が集まればすぐに着工し、年内に認定を申請する予定。

 寄付金額は3000円から30万円までの5種類があり、新園舎への名前掲載などのお礼を用意している。

 9日現在の支援総額は29万2000円で、目標額の19%。31日までに150万円以上集まった場合に成立となる。

 同園は昨年、飯田市内で初めて「信州型自然保育認定園」の特化型として認められている。

 詳細は園のホームページで。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞