野底山森林公園で祭り、薫る季節に交流深め

地域の話題

[ 2016年 4月 27日 水曜日 13時43分 ]

野底山まつり 飯田市上郷地区の「野底山森林公園さくら祭り」(同実行委員会主催)が24日、草木薫る同公園一帯で開かれた。地区内外から多くの家族連れが参加し、キッズや体験など6つのゾーンで多彩な催しを満喫した。

 

 森の息吹を感じる季節に地域内外の交流の輪を広げようと、2年前から現行形式で開いており、3回目。前身は「野底山森林公園まつり」で、30回の節目に内容を刷新した。

 

 ことしは10日が地区内の飯沼諏訪神社の御柱祭だったため、例年より1週間遅らせての開催。淡いピンクの色合いを残すヤマザクラとともに、芽吹き盛んな草木が来場者を出迎えた。

 

 ゾーンは▽キッズ▽体験▽食▽学習・展示▽パフォーマンス▽マーケット―で区分。ツリークライミングや木工体験、環境学習クイズ、シイタケの駒打ちなど森林にちなんだ催しを提供した。

 

 こいのぼりが飾られたパフォーマンスゾーンでは、和太鼓の演奏や黒田人形の上演などがあり、隣接する野だてとともに来場者にくつろぎのひとときを提供。風船と花の種、綿菓子のプレゼントもあり、子どもたちを喜ばせた。

 

 食のコーナーには、五平餅や焼き鳥、豚汁など十数品目が並んだ。飯田女子高校の調理クラブは2種類の焼きもちを調理して販売。テントブースを離れ、来場者それぞれへの移動販売も試み、世代間の交流を楽しんでいた。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号