銀座に情報館・銀座サロンがオープン

地域の話題

[ 2013年 10月 19日 土曜日 9時05分 ]

 飯田中心商店街連合会は17日、空き店舗活用事業として、飯田市銀座2丁目の空き店舗に「情報館・銀座サロン」をオープンさせた。来年1月までの間一般開放され、各種展示や飯田商工会議所中小企業相談所による消費税相談会などが行われる。

 近年、郊外への大型店進出などにより客足が遠のき、経営難から営業を止める店舗も見られる中、「商店街で降りているシャッターを上げることで、見た目にも活気を取り戻し、より多くの人を呼び込もう」と実施される空き店舗活用事業。情報館の設置は、知久町1丁目の「ちくいちサロン」に続いて2カ所目となる。

 銀座サロンのオープンにあたり、銀座商栄会の会長は「どの商店もPR用のチラシやパンフレット、メニューなどを作成しているはず。そうしたものを持ち寄り置いておくことで、商店街の情報発信基地として活用したい。そのためにも、まずはサロンの存在を多くの人に知ってもらう必要がある」と話した。

 同サロンでは現在、飯田商議所が先月実施した「りんご並木写生大会」の作品展を開催中のほか、菱田春草が登場する映画「天心」の予告編も上映している。また、今月23日には消費税相談会を午前10時から午後4時まで開く。

 同連合会では、「毎日扉を開けてあるので、気軽に入り展示などを楽しんでもらえれば。机や椅子も置いてあるので、ちょっとした休憩にもご利用ください」と話している。

 問い合わせは飯田商議所(電話0265・24・1234)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞