市田柿とワイン楽しむ会 銀座NAGANO

地域の話題

[ 2015年 2月 11日 水曜日 8時11分 ]

 飯田下伊那地域特産の「市田柿」の魅力を首都圏で発信しようと、飯田市とJAみなみ信州でつくる「市田柿ブランド推進プロジェクト」はこのほど、東京・銀座の県アンテナショップ「銀座NAGANO」で「冬の旬・市田柿×ワインを楽しむ会」を開いた。

 「国産プレミアムドライフルーツ」に位置付け、ワインやチーズとの相性も良い市田柿の魅力に触れてもらおうと、日本ソムリエ協会副会長の樋口誠さんを講師に企画。市農業課によると、首都圏の料理雑誌系のメディアをはじめ、飲食業界や市場関係者ら24人が参加した。

 シャルドネとメルロー、長野県産赤のワイン3種と、市田柿にチーズとゆでた鶏のササミ肉を添えた料理を提供。各ワインとの組み合わせだけでなく、食べる・飲むの順番やタイミングによる味や香りの変化も堪能した。

 参加者からは市田柿の特徴や加工法などの質問もあり、「もっちりとした」食感の秘密に関心が集まった。同課の担当職員は「今後も生産団体と連携し、市田柿を知る・食べるきっかけづくりを積極的に設け、ブランド力の向上につなげたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04

モモさん題材のオペレッタも

2月12日水曜日15:54

無病息災願い事の神送る

2月11日火曜日13:28








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞