阿南少年自然の家が化石採集イベント「付近一帯は海だった」

地域の話題

[ 2014年 5月 28日 水曜日 16時42分 ]

阿南化石採取ツアー 阿南町西条の阿南少年自然の家は24、25の両日、化石採集と陶芸体験のイベントを開いた。中南信地域から18家族50人が参加。井戸入沢川で採集に挑戦し、貝の化石などを見つけ、鑑定した。

 

 町化石館や陶芸体験館などを活用した人気の事業。ことしは定員50人を大幅に超える約200人から申し込みがあり、抽選を行って参加者を決定した。

 

 はじめに化石館を訪れ、同町付近が1700万年前は海で、絶滅動物「デスモスチルス」の歯の化石も発見されるなど同町周辺の様子を事前に学んだ。

 

 子どもたちを中心とする参加者らは、ゴーグルやヘルメットを装着して近くの駐車場から現地まで徒歩で移動。冬の大雪で木が倒れるなど足場の悪い中ゆっくりと歩を進めた。到着すると早速、沢に転がる石や地層部分に注意深く目をやり、ハンマーでたたいて割ってみるなどして化石を採集。終了後に鑑定して一帯が海だったころの情景を思い描いた。

 

 塩尻市から参加した小学生は「大きな貝の化石を見つけたい」と採取に励んだ。翌日はかじかの湯に隣接する町陶芸センターで阿南焼を体験した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号