阿南町 ふるさと納税を東京有楽町で街頭PR

地域の話題

[ 2013年 7月 3日 水曜日 16時12分 ]

 阿南町はこのほど、東京有楽町の交通会館前で同町ふるさと納税の街頭PR活動を行った。県の観光キャンペーンも合同で行われ、観光パンフレットなどとともに1200部を配布した。

 ふるさと納税の寄付者に寄付相当額の町産米をプレゼントする取り組みを首都圏に周知しようと、同町は6月から7月にかけて東京都へふるさと納税PRキャラバン隊を派遣している。街頭活動は同キャラバン隊の第2班の活動として実施した。

 会場にはふるさと納税の仕組みを説明したパネルをはじめ、新野の盆踊り、雪祭り、和合の念仏踊り、深見の祇園祭りなどのパネル、米10キロの見本と1俵の米俵も展示。法被とたすき姿の町職員らが、行き交う人々にふるさと納税や観光などのパンフレットを手渡した。

 同町のふるさと納税には6月27日までに556件1267万5120円が振り込まれた。第1班が訪問した事業所の職員からも寄付が見られた。第2班が配布したパンフレットには印がつけられており、PR活動でどの程度の効果があるのか調べるという。

 第2班代表の振興課長は「ふるさと納税に期限はないが、米の数量を用意する都合上、7月末を一応の区切りにしている。寄付を考えている人は早めに申し込んでほしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞