阿南町ふるさと納税活用 町産米11日から発送

地域の話題

[ 2013年 10月 10日 木曜日 16時38分 ]

 阿南町のふるさと納税制度を活用した町産米振興事業で、精米プラントが8日、同町富草の阿南新川食品工場内へ設置された。9日に設置業者による最終試験を行い、作業員による研修を経て11日から発送作業が始まる。10月中に3万8000トン余を発送する予定だ。

 強い農業づくり交付金事業により町が約1400万円をかけて導入。1時間当たり600キロを精米する能力がある。1日3トンほどを発送する。発送作業も同所で行う予定でフォークリフトなども導入した。

 寄付金や要望に応じて寄付者へ1カ月に精米10―20キロを発送する。このうち10月は最も多い3万8000キロ余を発送する計画で、精米所は常時稼働して対応する。

 米は町産のコシヒカリ、あきたこまち、天竜乙女の3種をブレンドしたもの。新たに印刷された袋には「南信州あなんの誉」と書かれ、裏面には町を紹介するため地図や町が誇る民俗芸能などを掲載している。11日には精米プラントの始動式と米の初発送式を行う予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)