阿南町化石館 竹ぼうきにキセキレイの巣

地域の話題

[ 2012年 5月 25日 金曜日 15時07分 ]

 阿南町富草の阿南町化石館で、軒先に立てかけておいた竹ぼうきにキセキレイが巣を作り、訪れた人の注目を集めている。5つの卵は無事にかえり、腹の黄色い親鳥が虫をくわえて飛び交う姿が見られる。

 鳥の巣を見つけたのは今月13日。同館スタッフが掃除をしようと竹ぼうきに手をかけたところ、鳥が飛び立った。驚いて竹ぼうきをよく見ると、お椀のような鳥の巣が見つかったという。

 初め巣には5つの卵があり、親鳥がしっかりと卵を温め、人が近づいても逃げなかったという。23日に巣の中をのぞいたところ、いつの間にか、かえったばかりの雛(ひな)の姿が見られた。

 キセキレイはセキレイの一種で体長20センチほど。胸の黄色と背中の黒が特徴で、崖のくぼみや枝の茂みのほか、人家の軒先にも巣をつくることがある。

 キセキレイの雛は通常、2週間ほどで巣立つ。同館スタッフは「まさか竹ぼうきに野鳥が巣をつくるなんて。野良ネコなどにいたずらされないか心配だけど、無事に巣立ってくれるよう見守りたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)