阿南町御供地区でどんど焼きの餅づくり

地域の話題

[ 2016年 1月 12日 火曜日 14時27分 ]

 阿南町御供地区の住民グループ「結の会」メンバーらが8日、地元の北条会館でどんど焼きに使う餅づくりを行った。20人余が参加して50キロの餅をつき、手作りの木枠にはめ込んで形を整え、翌日切り餅にした。

 10年ほど前、地区住民がどんど焼きでお汁粉を提供し始めたことを機に「餅も手作りして提供しよう」と、8年目の取り組み。正月の餅つきと、流しそうめんを楽しむ暑気払い、五平餅を味わう忘年会は毎年続き、地区の絆を深める催しとして定着している。

 この日は臼ときね2セットを用意し、地元産のもち米を使って約3時間の作業に汗を流した。つき上がった餅は40センチ四方の木枠にはめ込んで形を整え、翌日切り餅にして袋詰め。事前に注文があった100袋(5個入り)を各家庭に届け、残りは同地区が10日に開くどんど焼きで提供するという。

 天竜川のほとりで行うどんど焼きには、大人から高齢者まで毎年80人ほどが参加するといい、焼き上がった餅をお汁粉などで味わうほか、サンマもその場で焼いて振る舞われる。

 餅つきに参加した女性メンバーらは「みんなに元気になってもらいたい。少しでも地域に役立てれば」と笑顔。同町地域おこし協力隊で任期が切れる今春起業し、同地区内でカフェ経営を始める予定の女性は「年1回の行事に参加させてもらえてありがたい。どんど焼きも楽しみ」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10