阿南町新野に伝統の門松立つ

地域の話題

[ 2019年 12月 29日 日曜日 14時41分 ]

 阿南町新野の文化伝承センター前に28日、地区伝統の門松「花杭(はなぐい)・杭棒(くいんぼう)」が立てられた。地区内でもほとんど立てる家がなくなったという飾りで、昔ながらの正月の雰囲気を漂わせている。

 竹を斜めに切って3本を組み合わせた門松とは異なり、皮をはいだ細い杉の丸太2本を、幅88センチの間隔で門のように立ててしめ縄で結び、松やおやす、紙垂などで飾ったもの。高さは約2・7メートル。

 かつては地区内の多くの家庭で飾られていた伝統の形式だが、見た目が華やかな門松の普及や、杭を刺す地面の舗装化が進んだことにより、徐々にその数が減っていったという。

 センターは「昔ながらの地区の光景を思い出してもらえたらうれしい。子どもたちにも知ってもらい、数は少なくとも継承していければ」としている。

◎写真説明:皮をはいだ杉の丸太に松を飾る

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞