阿智のナイトツアーで品川聖ライブ

地域の話題

[ 2016年 9月 7日 水曜日 15時21分 ]

001星空

 スタービレッジ阿智誘客促進協議会が阿智村智里のヘブンスそのはらで開催中の「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」で、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の品川聖さんとアイリッシュハープ奏者の田中麻里さんによるデュオコンサート「ミュージックナイトオルフェウス」が6日から始まった。

 品川さんは、古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバの奏者で阿智村で定期的にコンサートを開催しており、上高地や北アルプスなど山岳でのコンサートも精力的に開催している。

 同ナイトツアーでは以前から、阿智村智里在住のテナーサックス奏者、森田修史さんらによるジャズライブが行われているが、品川さんによるクラシックコンサートは初めて。

 初日は開催時間前に降った雨の影響で、会場内の湿度が高く濃霧で星が見えない状態となったが、条件の悪い平日にもかかわらず500人ほどの星見客が来場。イベント開始時刻に一斉に会場内の照明が消え、夜空を見上げた。

 コンサートは「星に願いを」や「ロンドンデリー・エア」などの曲で幕開け。演奏中に霧の間からいくつか星が顔を出すと「見えた見えた」と歓声が上がった。星空のガイドを挟んで「アメージング・グレイス」や16世紀の楽曲が演奏され、訪れた人々はガンバとハープの音色に酔いしれた。

 品川さんは「夜間に屋外で演奏するのは初めて。星が見えない日だったが、その分音楽を楽しんでもらえたと思う。天候が良い日には満天の星空と音楽を一緒に楽しんでほしい」と話していた。

 コンサートは9日まで連夜開催する。ナイトツアーのゴンドラ料金は大人2200円、小中学生1000円。ゴンドラの上りは午後6時半から、イベント開始は同7時45分。問い合わせは、ヘブンスそのはら(電話44・2311)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号