阿智村「林地残材の可能性は」、地産地消検討の中間報告

地域の話題

[ 2011年 2月 10日 木曜日 15時25分 ]

 阿智村は8日夜、「地球温暖化を考える集い」を村コミュニティ館で開いた。おひさま進歩エネルギー社長の原亮弘さんの講演で、地球温暖化の現状について理解を深めたほか、間伐で残った低質材を使ったバイオマス(生物由来資源)事業の可能性について、村などとともに研究を進める同社から中間報告を聞いた。

 林地残材バイオマス事業化の検討は、経済産業省所管の独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の補助金を活用して、村とおひさま進歩エネルギー、智里西製材クラブなど8団体と個人が策定委員となって協議、調査を進めており、近く最終報告をまとめる予定。

 中間報告では「残材で晩酌を」を合言葉に、地域ぐるみの残材収集システムを構築した高知県仁淀川町を視察、調査したおひさま進歩社員の谷口彰さんが、村の森林の現状と仁淀川町が展開する事業の特徴、導入の利点などについて説明した。

 仁淀川町は森林ボランティアを育てるNPO法人とともに、残材1トンを発電施設に持ち込めば現金と地域通貨券を支給する仕組みを作り、個人の軽トラックを使った収集を展開。ガスタービンによる発電の燃料として利用している。

 谷口さんは「当初は専門家から『個人による搬出は難しい』と指摘されたが、一定の収入を得る住民が増え、地域にとって欠かせない副収入になっている」などと報告。この方式にならう自治体が増えているという。

 全面積の約9割を森林が占める阿智村が導入する場合、高投資は避けて誰でも参加できる仕組みとし、バイオマスは旧校舎グラウンド、空き地に集め、チップやまきとして利用する案を示した。

 来場者からは、仁淀川町で支払われている対価の財源や、残材の需要見込みなどについて質問があった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年度完成へ協力要請

7月15日水曜日15:17

国交省の専門家 喬木村の崩落現場を調査

7月15日水曜日15:02

今年は個人客にも注力

7月14日火曜日15:30

飯伊各地に大雨の被害

7月14日火曜日15:01

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞