阿智村「林地残材の可能性は」、地産地消検討の中間報告

地域の話題

[ 2011年 2月 10日 木曜日 15時25分 ]

 阿智村は8日夜、「地球温暖化を考える集い」を村コミュニティ館で開いた。おひさま進歩エネルギー社長の原亮弘さんの講演で、地球温暖化の現状について理解を深めたほか、間伐で残った低質材を使ったバイオマス(生物由来資源)事業の可能性について、村などとともに研究を進める同社から中間報告を聞いた。

 林地残材バイオマス事業化の検討は、経済産業省所管の独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の補助金を活用して、村とおひさま進歩エネルギー、智里西製材クラブなど8団体と個人が策定委員となって協議、調査を進めており、近く最終報告をまとめる予定。

 中間報告では「残材で晩酌を」を合言葉に、地域ぐるみの残材収集システムを構築した高知県仁淀川町を視察、調査したおひさま進歩社員の谷口彰さんが、村の森林の現状と仁淀川町が展開する事業の特徴、導入の利点などについて説明した。

 仁淀川町は森林ボランティアを育てるNPO法人とともに、残材1トンを発電施設に持ち込めば現金と地域通貨券を支給する仕組みを作り、個人の軽トラックを使った収集を展開。ガスタービンによる発電の燃料として利用している。

 谷口さんは「当初は専門家から『個人による搬出は難しい』と指摘されたが、一定の収入を得る住民が増え、地域にとって欠かせない副収入になっている」などと報告。この方式にならう自治体が増えているという。

 全面積の約9割を森林が占める阿智村が導入する場合、高投資は避けて誰でも参加できる仕組みとし、バイオマスは旧校舎グラウンド、空き地に集め、チップやまきとして利用する案を示した。

 来場者からは、仁淀川町で支払われている対価の財源や、残材の需要見込みなどについて質問があった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞