阿智村がふるさとイベント大賞受賞

地域の話題

[ 2017年 3月 8日 水曜日 15時50分 ]

003achi

 一般財団法人地域活性化センター(椎川忍理事長)が主催する第21回ふるさとイベント大賞の表彰式が3日、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開かれ、スタービレッジ阿智誘客促進協議会(会長・熊谷秀樹村長)の「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」が優秀賞を受賞した。

 

 同大賞は全国各地で数多く開催されている地域の活力を生み出すイベントを表彰し、全国に向けて発信する取り組み。本年度は大賞、最優秀賞、優秀賞、特別賞など8団体が選ばれた。大賞は富山県高岡市の福岡町つくりもんまつりが受賞した。

 

 日本一の星空ナイトツアーは、地域資源の「満天の星空」を観光の中核に据え、2012年から実施。ジャパン・ツーリズム・アワード(主催・ツーリズムEXPOジャパン組織委員会)でも2年連続部門賞を受賞している。

 

 現在、プロジェクションマッピング演出を組み合わせたウインターナイトツアーを開催しており、昨年12月から2月末までに約2万人が訪れた。企業と連携した取り組みも活発で、今月はビクセンや街コンジャパンと連携した婚活ツアー、18日にはスバルと連携した特別イベントを開催する。

 

 表彰式は地方創生フォーラムに合わせて開催し、阿智村からは熊谷秀樹村長と阿智昼神観光局の白澤裕次社長が出席。阿智村の星空をデザインした盾を受け取った。

 

 熊谷村長は「大賞は250年の伝統があるものだった。星の取り組みはまだ始まって間もないが、地域資源を活用した取り組みを評価していただき、ありがたく思う」と話していた。今後、総務省関連の雑誌で事例紹介もされるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号