阿智村でモリアオガエルの産卵始まる

地域の話題

[ 2012年 6月 13日 水曜日 9時47分 ]

 梅雨の時期に高さ数メートルの木の枝先に泡状の卵塊を産み付けるモリアオガエルの産卵が、阿智村浪合治部坂高原「亀の池」で始まった。

 9日に梅雨入りが発表された県内だが、11日にはこれに合わせるように、周囲200メートルほどの亀の池のほとりに立つツガ、ナラ、カエデなど数本の枝先に、ソフトボール大の卵塊が50個ほどぶらさがっている姿が確認された。

 泡状の塊の中には、300個ほどの卵が包まれていて、数日でふ化し、水辺に落ち入り、オタマジャクシになる。

 治部坂ほか村内や、平谷、根羽村など飯田下伊那各地数カ所で、モリアオガエルの生息地が確認されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞