阿智村でモリアオガエルの産卵始まる

地域の話題

[ 2012年 6月 13日 水曜日 9時47分 ]

 梅雨の時期に高さ数メートルの木の枝先に泡状の卵塊を産み付けるモリアオガエルの産卵が、阿智村浪合治部坂高原「亀の池」で始まった。

 9日に梅雨入りが発表された県内だが、11日にはこれに合わせるように、周囲200メートルほどの亀の池のほとりに立つツガ、ナラ、カエデなど数本の枝先に、ソフトボール大の卵塊が50個ほどぶらさがっている姿が確認された。

 泡状の塊の中には、300個ほどの卵が包まれていて、数日でふ化し、水辺に落ち入り、オタマジャクシになる。

 治部坂ほか村内や、平谷、根羽村など飯田下伊那各地数カ所で、モリアオガエルの生息地が確認されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞