阿智村で母親向け環境学習会

地域の話題

[ 2016年 10月 6日 木曜日 16時47分 ]

003阿智環境

 阿智村は6日、駒場の村保健センターで母親向けの環境学習会「省エネは家庭から」を開催した。NPO法人おひさま進歩理事で環境カウンセラーの今村良子さんから、各家庭でできる省エネについて話を聞いた。

 同村は毎年、おひさま進歩の協力で子ども向けの環境学習を開催しているが、母親向けは初めて。子育てつどいの広場に併せて開催し、子育て中の母親や一般の女性ら16人ほどが訪れた。

 南信州レジ袋削減推進協議会長や飯田地球温暖化対策地域協議会長などを務める今村さん。CO2などの温室効果ガスによる地球温暖化問題について説明し「地域一丸となって無理なく取り組んでいくことが大事」と呼び掛けた。

 家庭での省エネについてベテラン主婦の立場から解説。家庭の電気使用量で冷蔵庫、照明、エアコンが大きな部分を占めているとし、必要な時以外は電源を切っておくこと、省エネ性能が良いものに買い換えることなどを勧めた。「ご飯は保温するより3度炊いた方が安い」「電気ポットでなく魔法瓶の活用を」などのこつを紹介した。

 また環境を大切にした買い物が節約にもつながるとし、「安いからといってたくさん買ってしまうと、冷蔵庫の奥のほうに入れたままで古くて食べられなくなってしまう食品が出てくる。必要なものを必要な分だけ買うよう心掛けて」と話した。

 このほか、包装容器やレジ袋の削減、リサイクル、資源回収などについて紹介。後半は太陽光発電の蓄電池を使ってミキサーを動かし、果物ジューズを作って味わった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号