阿智村の堯翁院で星空観音の開眼法要

地域の話題

[ 2017年 4月 26日 水曜日 16時48分 ]

001namiai

 阿智村浪合の堯翁院(ぎょうおういん)(寺澤善周住職)で25日、浪合星空観音の開眼法要が行われた。環境省から日本一の星空と認定された浪合の新たな名所になりそうだ。

 星空観音は高さ3メートル60センチ、台座を含めると5メートル10センチ。胸元に赤御影石で2つの星空をあしらった、世界に一体だけの姿になっている。下條村の仲川石材が施工した。

 寄進したイナデン会長の稲垣和忠さん(75)は「浪合にふさわしい立派な観音様。星空のシンボルとして新たな名所になってほしい」と期待した。

 寺澤住職(77)は「見上げると大きく、ご利益がありそうだと地元の方も喜んでくれる。満天の星空の下で人々を見守ってくださる観音様だ」と話していた。同日は、仲川石材の仲川正博社長が寄進した六地蔵の開眼法要や大般若会なども行われた。

 日本一の星空は、2006年の環境省「全国星空継続観察」で、浪合の住民や子どもたちが力を合わせて星を観察し、もみじ平キャンプ場(現・銀河もみじキャンプ場)が「星が最も輝いて見える場所」に選ばれた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号