阿智村の堯翁院で星空観音の開眼法要

地域の話題

[ 2017年 4月 26日 水曜日 16時48分 ]

001namiai

 阿智村浪合の堯翁院(ぎょうおういん)(寺澤善周住職)で25日、浪合星空観音の開眼法要が行われた。環境省から日本一の星空と認定された浪合の新たな名所になりそうだ。

 星空観音は高さ3メートル60センチ、台座を含めると5メートル10センチ。胸元に赤御影石で2つの星空をあしらった、世界に一体だけの姿になっている。下條村の仲川石材が施工した。

 寄進したイナデン会長の稲垣和忠さん(75)は「浪合にふさわしい立派な観音様。星空のシンボルとして新たな名所になってほしい」と期待した。

 寺澤住職(77)は「見上げると大きく、ご利益がありそうだと地元の方も喜んでくれる。満天の星空の下で人々を見守ってくださる観音様だ」と話していた。同日は、仲川石材の仲川正博社長が寄進した六地蔵の開眼法要や大般若会なども行われた。

 日本一の星空は、2006年の環境省「全国星空継続観察」で、浪合の住民や子どもたちが力を合わせて星を観察し、もみじ平キャンプ場(現・銀河もみじキャンプ場)が「星が最も輝いて見える場所」に選ばれた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞