阿智村の堯翁院で星空観音の開眼法要

地域の話題

[ 2017年 4月 26日 水曜日 16時48分 ]

001namiai

 阿智村浪合の堯翁院(ぎょうおういん)(寺澤善周住職)で25日、浪合星空観音の開眼法要が行われた。環境省から日本一の星空と認定された浪合の新たな名所になりそうだ。

 星空観音は高さ3メートル60センチ、台座を含めると5メートル10センチ。胸元に赤御影石で2つの星空をあしらった、世界に一体だけの姿になっている。下條村の仲川石材が施工した。

 寄進したイナデン会長の稲垣和忠さん(75)は「浪合にふさわしい立派な観音様。星空のシンボルとして新たな名所になってほしい」と期待した。

 寺澤住職(77)は「見上げると大きく、ご利益がありそうだと地元の方も喜んでくれる。満天の星空の下で人々を見守ってくださる観音様だ」と話していた。同日は、仲川石材の仲川正博社長が寄進した六地蔵の開眼法要や大般若会なども行われた。

 日本一の星空は、2006年の環境省「全国星空継続観察」で、浪合の住民や子どもたちが力を合わせて星を観察し、もみじ平キャンプ場(現・銀河もみじキャンプ場)が「星が最も輝いて見える場所」に選ばれた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞