阿智村はゝき木館 明治―昭和の懐かしい本展示

地域の話題

[ 2012年 2月 11日 土曜日 13時57分 ]

 明治から昭和までの懐かしい絵本を集めた「阿智村公民館図書室スタッフによるミニ絵本展」が、同村智里の東山道・園原ビジターセンター「はゝき木館」で20日まで開かれている。高齢者が幼少期に親しんだ復刻版の童話、今も読み継がれている名作のほか、大正期に発行された貴重な少年少女雑誌もあり、喫茶コーナーで自由に閲覧できる。

 明治―大正の雑誌は、ビジターセンターを拠点に活動する「園原ガイドの会」のメンバーが自宅の蔵で見つけたものの一部。明治後期に「婦人画報」の妹雑誌として東京社が創刊した「少女画報」、人気があった「日本少年」、童話雑誌「赤い鳥」に刺激を受けた「小学男性」など、1922(大正11)年前後に発行された数冊を展示している。

 復刻本は、昭和初期に発行された人気シリーズ「講談社の絵本」の「一寸法師」や「猿かに合戦」のほか、坪内逍遥作「当世書生気質」の影響下で書かれ、当時の少年像がうかがえる明治の作品「当世少年気質」、装丁を忠実に再現した宮沢賢治「風の又三郎」などがある。

 少年少女雑誌は当時、農村地帯ではあまり読まれておらず、ビジターセンターのスタッフによると展示品は、上位の成績をとった児童に学校から贈られたものだという。

 訪れた人は「講談社の絵本が特に懐かしい」「昔の雑誌は広告欄を見るだけで面白い。当時の物価や時代背景がよく分かる」と話していた。

 図書室は絵本展に合わせ、スタッフによる絵本トークを18日午後2時からビジターセンターで開く。予約不要、参加費400円(ドリンク付き)。

 開場は午前9時から午後4時半まで。火曜休館。問い合わせは同館(電話◯442011)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞