阿智村・治部坂高原でモリアオガエルの産卵

地域の話題

[ 2011年 6月 23日 木曜日 8時47分 ]

 阿智村浪合の治部坂高原で、自然環境の指標とされるモリアオガエルが産卵期を迎え、池の周辺が100以上の白い泡で覆われている。

 産卵が行われているのは、国道沿いの観光センターから200メートルほど奥の別荘地内にある「亀の池」。池の周りに張り出した木の枝のほとんどに卵塊が付き、水辺ではアヤメが見頃を迎えている。

 木の枝にいるモリアオガエルは、小ぶりなトノサマガエルほどの大きさ。泡の中の卵は1、2週間でふ化し、オタマジャクシは雨の日に泡とともに池に落下する。

 成長したカエルは森林で暮らし、繁殖期になると再び池の周りに戻っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞