阿智村・治部坂高原でモリアオガエルの産卵

地域の話題

[ 2011年 6月 23日 木曜日 8時47分 ]

 阿智村浪合の治部坂高原で、自然環境の指標とされるモリアオガエルが産卵期を迎え、池の周辺が100以上の白い泡で覆われている。

 産卵が行われているのは、国道沿いの観光センターから200メートルほど奥の別荘地内にある「亀の池」。池の周りに張り出した木の枝のほとんどに卵塊が付き、水辺ではアヤメが見頃を迎えている。

 木の枝にいるモリアオガエルは、小ぶりなトノサマガエルほどの大きさ。泡の中の卵は1、2週間でふ化し、オタマジャクシは雨の日に泡とともに池に落下する。

 成長したカエルは森林で暮らし、繁殖期になると再び池の周りに戻っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22

コロナ対策 検査キット2万4000セット無料配布へ

7月28日水曜日15:38

リニア残土運搬新案に松川町「具体的な安全対策を」

7月27日火曜日15:25








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞