阿智村昼神温泉郷でリハビリ旅行

地域の話題

[ 2017年 5月 19日 金曜日 15時34分 ]

001hirugami

 阿智村昼神温泉郷でリハビリ旅行の受入れが行われている。19日はクイズラリー形式で昼神温泉郷内を散策。宮城県のメーカーによる足こぎ車椅子の試乗も活用して周遊を楽しんだ。

 旅行を目標に設定し、リハビリに意欲と達成感を与えようという試み。東京都板橋区のリハビリ推進センターにより伊豆の稲取温泉郷と昼神温泉郷の2カ所で実施しており、今回で20回目。昼神温泉単独では7回目になる。

 今回は参加者8組12人とリハビリスタッフ9人が参加。18日に恵山に宿泊し、翌19日には温泉郷散策を楽しんで清風苑に宿泊。20日には歩行練習をして東京へ戻る。

 クイズラリー形式の散策では、阿智川沿いの並木を散策しながら、足湯や旅館などを訪問して各旅館に関するクイズに回答。そばやお焼きなどの昼食も味わいながら楽しい時間を過ごした。

 稲取温泉には数回訪問したが昼神温泉には初めて来たという東京都板橋区の小路典子さん(72)は「新緑が美しいとはこのこと。風邪気味で温泉には入れないけれど旅行に来られて楽しい」と笑顔を見せた。

 昼神温泉に4度目の訪問となる佐々木美世子さん(85)は「病気で半身が動かないけれど、旅行に行きたいと毎日リハビリを頑張っている。1週間に2回は外を歩くので他の皆さんよりは歩ける自信がある」と語った。

 リハビリ旅行はある程度バリアフリーでない旅館でも受け入れられるのが特徴。観光庁や県などで進める「ユニバーサルツーリズム」の事業モデルとしても注目されている。

 昼神温泉でリハビリ旅行受入れに取り組む清風苑の伊壷弘一社長(64)は「ハンディキャップのある人でもない人でも、誰もが温かく迎えられる温泉郷にしていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞