阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

地域の話題

[ 2020年 4月 7日 火曜日 16時11分 ]

 阿智村の昼神温泉郷でハナモモが開花し、今週末にも見ごろを迎えそうだ。一帯の桜も一部は満開になっており、今年はハナモモとサクラの競演が楽しめそう。

 昼神温泉一帯には朝市広場周辺や阿智川沿い、阿智の里ひるがみ周囲など各所に桜やハナモモが植えられている。

 村内のハナモモの開花状況をホームページで発信している阿智☆昼神観光局によると、一帯のハナモモは例年より1週間ほど早い4日に開花。「10日ごろから見ごろになるのでは」と予想している。

 約5000本の木が並ぶ園原の月川温泉郷花桃の里は、6日現在でつぼみの状態で、開花は15日ごろの見通し。例年は5月の大型連休ごろに見ごろを迎えるが、観光局は「見ごろは20日以降」とみている。

 開花情報は「南信州 昼神温泉公式観光サイト」から確認できる。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、月川温泉郷一帯で18日から開催予定だった「花桃まつり」は中止が決まっているが、村地域経営課によると、まつりとしての出店などは行わないものの▽ホームページなどで開花情報の発信▽交通整理、駐車場案内▽消毒液の設置、トイレの定期的な消毒など現地での感染予防対策▽花桃の管理育成を目的とした募金箱の設置―は行うとしている。

◎写真説明:昼神温泉郷 朝市広場周辺で開花したハナモモ(6日撮影)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     









記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞