阿智村浪合の樹氷見ごろ 青白いオブジェ美しく

地域の話題

[ 2015年 1月 10日 土曜日 11時19分 ]

 “樹氷の宿”で知られる阿智村浪合恩田のホテル「不動温泉・華菱」で、人工の樹氷が見頃となった。ホテル西側を流れる三ツ沢川沿いに、年末から年始の厳しい冷え込みを利用して従業員が造成した。

 雑木やパイプを組み立てた骨組みへ、ホースで水を霧状に吹き付けて凍らせたもの。高さ10メートル余、横幅30メートルほどに広がり、青白い氷のオブジェが美しい姿を見せている。夜にはライトアップもされるが、さらに今シーズンからはイルミネーションも点灯され、輝きを増している。

 同ホテルは古くから不動さまが祭られている場所。温泉として開発され、四半世紀を迎える。山に囲まれた静けさと和みの宿として、情緒あふれる風情が人気を集めている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)