空き家をモデルルームに 阿智村清内路で

地域の話題

[ 2014年 11月 29日 土曜日 9時17分 ]

 阿智村清内路の「空き家を考える会」(安藤俊治会長)は、地区内の空き家をモデルルームにしようと掃除や片付け作業を行っている。空き家を活用した移住・定住を円滑に進めようという試みだ。

 同会は阿智村の「村づくり委員会」の一つで、清内路地区内の空き家の全戸調査や空き家の利活用のための情報提供、Iターンした人への定住支援などの活動を続けてきた。

 これまでIターン希望者が地区内の空き家を見学することがあっても、以前の生活道具が何年も放置されたまま残っている家がほとんどで「残った家財を片付けるだけでも大変そうだ」など、良くない印象を与えることが多かった。

 モデルルームは空き家を見たいという人の見学場所に利用するほか、清内路に2、3日住んでみて生活を体験する場にすることも想定している。

 下清内路川裾地籍の空き家では今月中旬から片付け作業が始まった。冬の間に会員有志で片付けや清掃、障子の張り替えなど行い、来春から利用できるようにする予定だ。

 同会事務局は「これまでは調査が主で、片付けをするのは今回が初めて。家主の許可を得て家財を処分するのは簡単ではないが、空き家の活用とIターンの呼び込みにつながれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞