阿智第一小「わが家の生活安全課長」が修了式

地域の話題

[ 2013年 2月 27日 水曜日 15時01分 ]

 昨年6月、飯田署から「わが家の生活安全課長」の委嘱を受け、学校や家庭、地域での犯罪防止に努めてきた阿智村の阿智第一小学校6年生28人の修了式が25日、同小で開かれた。下級生の手本となる行動を心掛けてきた児童たちは、卒業しても積極的に防犯活動に取り組むことを誓った。

 小学児童への委嘱は児童の防犯意識高揚を目的に、飯田署や飯伊学生防犯対策支援協会、飯田少年警察ボランティアなどが連携し、毎年選出された管内の小学校へ委嘱。児童らは自分の生活や周囲の安全を守る責任者として自覚ある行動を心掛けてきた。

 修了式で、児童代表は「地域では意識してあいさつを行い、困っている人に声を掛けた。家では戸締りの確認を行うなど安全に暮らすためにどうしたらいいのか考えてきた。1年間を通じて安全意識や正しい行動を積極的に行えるようになった」と振り返り、「これからも犯罪に関わらない、しない、させない生活を送りたい」と述べた。

 春日利巳飯田署長は、減少傾向にある犯罪件数を踏まえ「地域の安全を取り戻してくれて感謝している」と強調。「中高校生になると友だちの幅も広がり、携帯電話やインターネットも使うなど行動範囲も広くなる。自分の身は自分で守れる立派な大人になってもらいたい」と言葉を送った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)