阿智郵便局で星空風景印スタート

地域の話題

[ 2018年 6月 18日 月曜日 15時17分 ]

星をデザインした新風景印

 阿智村駒場の阿智郵便局(稲垣一実局長)は18日、村と阿智☆昼神観光局の協力で、星空をデザインした新たな風景印の押印を開始した。すでに切手収集などを趣味にする国内外の郵趣家から新旧合わせ500件ほどの依頼があり好評を博している。

 新たな風景印は、星をイメージした6角形の枠に流れ星と星空、山、花桃、温泉をデザイン。18日から同郵便局窓口で消印と記念押印を受け付けている。郵送でも依頼できる。

 2016年10月に昼神温泉で開いた全国郵便局長会の研修で熊谷秀樹村長と観光局の白澤裕次社長が講演した際、観光と郵便局の連携が話題となった。以来、同村内で協力の方法を模索し、連携の足がかりとして風景印の更改に取り組んだ。

 新風景印のデザインは観光局の宮澤尚美さんが担当。小さくともイメージが伝わりやすいようシンプルな図柄を心掛けた。観光局では写真家の宮坂雅博さんによる星景写真ポストカードも販売しており、相乗効果も期待している。

 15日で終了した旧風景印は1985年8月から使用。日本一長いトンネルとして開通した恵那山トンネルと昼神温泉を描き、30年余親しまれてきた。稲垣局長は「今後も郵便を通じて村のイメージ作りに協力したい」と話した。

 熊谷村長は「今後は、村役場の料金後納郵便のデザインもオリジナルのものに変更したい」。白澤社長は「星空と花桃は村内の統一したブランド。村内に5郵便局があり、さらに連携を深めたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24