雨上がりにぎわい 大宮通りで桜まつり 飯田市街地

地域の話題

[ 2017年 4月 10日 月曜日 14時55分 ]

桜まつりの会場で演奏を披露する飯田高校吹奏楽班

 飯田市街地の桜の名所「大宮通り」で9日、地元住民らでつくる保存会主催「大宮通り桜まつり」が開かれた。約1キロの通りには約150本の桜の木が植わり、3~5分咲きの状況。多くの家族連れらが訪れ、雨上がりの桜を見上げながら散策したり写生や演奏を楽しんだ。

 歩行者天国の通り沿いではさまざまなイベントが繰り広げられた。中央の広場では和太鼓道場「命響館」、飯田高校吹奏楽班、下條村のローカルヒーロー「地域戦隊カッセイカマン」などが出演。息の合った演奏や演技が来場者の拍手を誘った。

 また会場では、東野大獅子の新調されたばかりの獅子頭が一般に公開された。3代目となる獅子頭はきりの木を加工し、幅、高さとも約70センチ。2代目よりもひと回り大きい。37年ぶりの新調とあって、来場者は興味深そうに見たりカメラに収めていた。

 親子らを対象にした写生大会(南信州新聞社後援)やフリーマーケットもあり、会場はにぎわいを見せた。

 保存会の井上基会長(59)は「心配された雨も上がり、多くの協力で盛大に開催することができた。桜まつりの文化を広く発信できるよう今後も趣向を変えながら続けていく」と話していた。

 まつりの前日は前夜祭「夜桜会」が市公民館で開かれた。

 大宮通りのソメイヨシノは今月6日に開花、見ごろとなっている。約300個のちょうちんをともし夜間も楽しめる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞