雪上に広がる親子の笑顔、珍幕冬の陣にぎやかに

地域の話題

[ 2011年 2月 7日 月曜日 17時16分 ]

 平谷村の恒例イベント「珍珍幕府冬の陣」が5日、村内の平谷高原スキー場で開かれた。主に中京方面や県内から多くの親子連れが来場し、そり滑りやスノーフラッグなど多彩な種目を楽しんだ。

 イベントは午前10時に仮装スキーヤーのデモ滑走で幕開け。昨年の冬の陣に合わせて結成されたローカルヒーロー「平谷レンジャー」のほか、アニメキャラクターや奉行などに扮したスタッフらが、ゲレンデにシュプールを描いた。

 「将軍」を務める小池正充村長も加わっての菓子まきに続き、約30分刻みで親子そり大会やスノーフラッグ、じゃんけん大会などの企画を展開。このうち、時間内に結んだ長さを競う「親子のきずな」では、箱に入った長短さまざまなひもを引き抜くたびに一喜一憂する姿が見られた。豚汁サービスもあった。

 同スキー場の西川勝則支配人は「ファミリー向けの企画を取り揃えた。少しでも子どもたちがスキーやウインタースポーツの楽しさを知り『また来たい』と思ってくれるとうれしい」と期待。小池村長は「ことしはスキーが日本に伝わって100年の節目。ゲレンデは雪に恵まれて素晴らしい状態となっており、今後もぜひ、ご来場を」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞