雲流れ、目前に光岳 しらびそ高原で南ア開山式

地域の話題

[ 2017年 6月 2日 金曜日 16時59分 ]

高原で行われた開山式

 南アルプス国立公園の開山祭が2日、標高1918メートルのしらびそ高原=飯田市上村=であった。約100人が入山者や利用者の安全を祈願。上村小学校の児童が元気な歌声を響かせると雲が流れ、目前に2591メートルの光岳が姿を現した。

 

 午前10時の気温は10度。一帯は厚い雲に覆われ時折、強い風が吹く荒れた天気となったが、高原の広場に祭壇を設け、神事を執り行った。

 

 式典に続き、上村小の9人が「Oh Happy Day」などを合唱。身振りを交えながら表情豊かに歌うと、雲間から青空や残雪の南アが姿を覗かせ、歓声やホトトギスのさえずりを誘った。

 

 飯田下伊那地域の愛好者でつくる童謡唱歌の会の40人も加わり、「翼を下さい」を合同で歌って開山を祝った。

 

 例年は約3500人が高原を南ア登山の拠点として利用し、聖岳(標高3011メートル)や光岳などに登っている。

 

 実行委員長の北澤良太郎上村まちづくり委員長は「ここ数年間は事故がない。ことしの観光シーズンも安心、安全で多くの人を迎えたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号