雲越しに変化見守り 市美術博物館で皆既月食の観察会

地域の話題

[ 2018年 2月 1日 木曜日 15時39分 ]

月食を観察する参加者(美博で)

 飯田市美術博物館は1月31日夜、皆既月食の観察会を追手町の同館で開いた。家族連れや天体フアンなど約20人が参加。雲越しに、赤銅色に変化していく月の様子を観察した。

 皆既月食が起こるのは約3年ぶり。この日は雲が多く開催が危ぶまれたが、観察会が始まる頃には月が雲間から姿を現した。

 はじめに、職員が月食やこの時期に見える星座について館内の休憩室で説明した後、全員で前庭に移動。飯田御月見天文同好会が設置した望遠鏡と双眼鏡を使って観察した。

 午後9時ごろには左下のあたりから欠け始め、肉眼でも見えるほどに。参加者は「クレーターがきれい」「(月の模様の)ウサギの体が欠けてきてるね」などと語り合い、月が完全に地球の影に隠れる皆既食が始まる10時ごろまで、様子を見守った。

 皆既食では、地球の大気で屈折して影に入り込んだ太陽光に照らされることで、月が赤銅色に。途中、雲に隠れて見えにくくなることもあったが、赤くなった月の姿を確認することができた。

 同好会の奥村茂実さんは「地球の空気が汚れていると色が濃くなるが、きれいだと澄んで見える」と説明。寒さの中、参加者は月の様子をじっと眺めたり、会員らに熱心に質問しながら観察を楽しんでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01