願い込めた折り鶴携え、高森、喬木で「広島平和のバス

地域の話題

[ 2016年 8月 5日 金曜日 16時13分 ]

高森町の出発式

 71年前の8月6日に原爆が投下された広島市で開かれる「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)に向け、高森町と喬木村で5日早朝、派遣団「広島平和のバス」の出発式があった。住民が平和への願いを込めた折り鶴を携え、バスで広島を目指した。

 高森町から派遣する「広島平和のバス」は1989(平成元)年に始まり28回目。ことしは小中学生23人を含む35人が参加した。

 出発式は午前6時すぎ、山吹の丸山公園「平和の丘」で行われ、平和の鐘を合図に黙とうした後、熊谷元尋町長は「戦後71年目で、100年の節目に向けて新たな一歩を踏み出す年。戦争の悲惨さ、命の大切さを学び、そこでの体験を高森町に持ち帰ってほしい」と述べ、広島市長宛てのメッセージを託した。

 団長の小平一博さんのあいさつに続き、団員を代表して高森南小6年の女子児童が「高森町に戻って他の人に伝えられるよう現地でしっかり勉強してきたい」と決意を表明。町民が折った3万8000羽の折り鶴が手渡されると、団員たちは表情を引き締めた。

 公園には多くの関係者が集まり、本島昭議長が激励の言葉。同町を拠点に活動するしなの風の子合唱団と一緒に「翼をください」を歌って団員を送り出した。

 一行は2泊3日の日程で広島を訪れ、広島平和記念式典に参加するほか原爆ドームや平和記念資料館を見学する。語り部の体験談を聞くなどして戦争の悲惨さ、被爆の恐ろしさ、命の尊さを学ぶ。

 町は1958(昭和33)年に「核兵器禁止」、翌年に「平和町宣言」、83年に「非核平和年宣言」を飯田下伊那でいち早く決議。2008年には広島市長が国連で提唱した「平和市長会議」に加盟するなど、平和への取り組みは積極的だ。10年には平和や非核への熱い思いを明文化した「平和へのかけはし条例」を成立させ、13年には毎年8月を町の「平和推進月間」と決めている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52