食ごよみ実践講座開く

地域の話題

[ 2012年 6月 15日 金曜日 9時03分 ]

 飯田市農業課の「食ごよみ実践講座」の今年度初回講座は13日、飯田市竜丘公民館で開いた。飯田に伝わる郷土食や行事食を学ぼうと男女幅広い年齢層の36人が受講。山菜のおこわや梅漬け、ささげ豆入りおやきなどの料理に挑戦した。

 行事食カレンダー「飯田の食ごよみ」を教材にした料理講座で8年目を迎えた。毎年人気でことしも59人の申し込みがあり、抽選で受講者を決定。6月から3月まで10回にわたり、旬の食材を使用した行事食、伝統食を学ぶ。

 行事食や伝統食は各家庭で伝えられてきたが、冠婚葬祭など隣近所で寄り集まって料理をつくることも減り、郷土食や行事食を知りたくても教わる機会がなくなりつつある。伝統食に関心のある人も多く、8年目を迎えた今でも人気を誇っている。

 この日の献立は▽山菜おこわ▽アスパラのごま和え▽かき玉汁▽ささげ豆入りおやき▽梅漬け―の5品。食生活改善推進協議会の会員に作り方を教わると、参加者は手馴れた手つきでてきぱきと調理。あっという間に5品を作り上げた。

 参加者の多くは女性だが、近年は男性も増えつつある。狩猟で山肉を調理して仲間と味わうのが趣味だという飯田市北方の男性は「魚料理が好きで鯖寿司を教えてもらいたいと参加した。一般的な郷土料理も色々と覚えたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

買い物対策、交流の場に OIDE長姫生が橋北にスーパー開店

10月20日土曜日14:02

リニア注目「参加したい」 下條中で未来を語る会開く

10月20日土曜日14:02

丹精した菊鮮やかに 喬木村伊久間でまつり

10月19日金曜日15:12

遭難男性の遺体発見 キノコ採り中に滑落か

10月19日金曜日15:52

語り継ぐ、繰り返さない 泰阜村で戦没者と開拓犠牲者追悼式

10月18日木曜日15:20

「菊慈童」など朦朧体作品 美博の春草常設展示 28日まで

10月18日木曜日15:30

木格子大屋根を象徴に 飯田市がリニア駅周辺デザイン案

10月17日水曜日15:11

南アルプスが初冠雪 平年より8日早く

10月17日水曜日15:22

リニア中間駅3県で研究会 長野、岐阜、山梨知事が懇談

10月16日火曜日15:52

飯田駅のリンゴ色蘇る 塗り替え作業完了迫る

10月16日火曜日15:27

レスリング選手にハンガー贈呈 天龍中が五輪応援プロジェクトで

10月15日月曜日15:05

キノコ採り遭難事故急増 飯田署が注意喚起

10月15日月曜日15:11

松川町 候補地「断念」、取り下げへ リニアガイドウェイ計画で

10月13日土曜日14:01

かぶちゃん農園関連2社が破産 ファームと信州乳業

10月13日土曜日13:52

戦後73年・伝える記憶5 一木大佐通じて平和考えて 関口さんが検証本出版

10月13日土曜日13:14