食ごよみ実践講座開く

地域の話題

[ 2012年 6月 15日 金曜日 9時03分 ]

 飯田市農業課の「食ごよみ実践講座」の今年度初回講座は13日、飯田市竜丘公民館で開いた。飯田に伝わる郷土食や行事食を学ぼうと男女幅広い年齢層の36人が受講。山菜のおこわや梅漬け、ささげ豆入りおやきなどの料理に挑戦した。

 行事食カレンダー「飯田の食ごよみ」を教材にした料理講座で8年目を迎えた。毎年人気でことしも59人の申し込みがあり、抽選で受講者を決定。6月から3月まで10回にわたり、旬の食材を使用した行事食、伝統食を学ぶ。

 行事食や伝統食は各家庭で伝えられてきたが、冠婚葬祭など隣近所で寄り集まって料理をつくることも減り、郷土食や行事食を知りたくても教わる機会がなくなりつつある。伝統食に関心のある人も多く、8年目を迎えた今でも人気を誇っている。

 この日の献立は▽山菜おこわ▽アスパラのごま和え▽かき玉汁▽ささげ豆入りおやき▽梅漬け―の5品。食生活改善推進協議会の会員に作り方を教わると、参加者は手馴れた手つきでてきぱきと調理。あっという間に5品を作り上げた。

 参加者の多くは女性だが、近年は男性も増えつつある。狩猟で山肉を調理して仲間と味わうのが趣味だという飯田市北方の男性は「魚料理が好きで鯖寿司を教えてもらいたいと参加した。一般的な郷土料理も色々と覚えたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15