食ごよみ実践講座開く

地域の話題

[ 2012年 6月 15日 金曜日 9時03分 ]

 飯田市農業課の「食ごよみ実践講座」の今年度初回講座は13日、飯田市竜丘公民館で開いた。飯田に伝わる郷土食や行事食を学ぼうと男女幅広い年齢層の36人が受講。山菜のおこわや梅漬け、ささげ豆入りおやきなどの料理に挑戦した。

 行事食カレンダー「飯田の食ごよみ」を教材にした料理講座で8年目を迎えた。毎年人気でことしも59人の申し込みがあり、抽選で受講者を決定。6月から3月まで10回にわたり、旬の食材を使用した行事食、伝統食を学ぶ。

 行事食や伝統食は各家庭で伝えられてきたが、冠婚葬祭など隣近所で寄り集まって料理をつくることも減り、郷土食や行事食を知りたくても教わる機会がなくなりつつある。伝統食に関心のある人も多く、8年目を迎えた今でも人気を誇っている。

 この日の献立は▽山菜おこわ▽アスパラのごま和え▽かき玉汁▽ささげ豆入りおやき▽梅漬け―の5品。食生活改善推進協議会の会員に作り方を教わると、参加者は手馴れた手つきでてきぱきと調理。あっという間に5品を作り上げた。

 参加者の多くは女性だが、近年は男性も増えつつある。狩猟で山肉を調理して仲間と味わうのが趣味だという飯田市北方の男性は「魚料理が好きで鯖寿司を教えてもらいたいと参加した。一般的な郷土料理も色々と覚えたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞