飯伊の伝統野菜フェア~知って味わい購入を

地域の話題

[ 2012年 7月 30日 月曜日 15時55分 ]

 飯伊農業振興協議会は27日、「飯伊伝統野菜フェア」を飯田市鼎東鼎のJAみなみ信州みどりの広場で開いた。飯田下伊那の各地で受け継がれてきた伝統野菜のうち、ナスやイモなど旬の10種類ほどを生産者らが販売。調理例の紹介や試食も通じて、地域住民らに購入を呼び掛けた。

 県は2006年度から「信州の伝統野菜」の認定制度を創設し、これまでに63種類を選定。このうち飯伊は18種類を占めている。フェアは地域住民に地元の伝統野菜をより深く、広く知ってもらおうと、4年連続でこの時期に企画した。

 会場には天龍村の巨大な「ていざなす」、飯田市上村下栗の小粒なジャガイモ「下栗芋」、阿南町和合の「鈴ケ沢うり」などが集合。買い物客たちが生産者と会話を交わしながら、料理のアイデアを巡らしたり、それらの煮浸しや漬物、フライなどを試食したりした。

 ことしは阿南町和合の「鈴ケ沢南蛮」(トウガラシ)や阿智村の「清内路にんにく」など「信州の伝統野菜」の仲間入りを目指す品々もお目見えし、興味を引いていた。

 大鹿村の農業男性(70)は「並んでいる野菜の大半は初めて知った。いろいろあって面白いね」と感心した様子。県下伊那地方事務所農政課の職員は「伝統野菜を見て知って、味わえる機会を増やしていきたい」と話していた。

 天龍村ていざなす生産組合によると、ていざなすの生産量は2007年度の約5000本が11年度は約1万5000本に増えたという。組合長(75)は「組合員22人にとって、生きがいや健康づくりにもなっている。今後も元気な村づくりに貢献できれば」と意気込んでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞