飯伊各地でお盆の成人式、大人としての第一歩を

地域の話題

[ 2014年 8月 18日 月曜日 13時53分 ]

 飯田下伊那各地で15、16の両日、お盆の帰省に合わせた伝統の「お盆成人式」が開かれた。新成人たちは二十歳の決意を新たにし、大人としての第一歩を踏み出した。松川、阿南町、阿智村清内路、平谷、下條、売木、天龍、喬木、大鹿村のうち8町村の会場で表情を追った。

 松川町 古里ではたちの誓い

 該当者174人のうち松川中学校の卒業生ら約140人が会場となった町民体育館に集まった。ドレスアップした女性の姿も多く、会場は華やかな雰囲気に。昨年同様、新成人を中心にした実行委員会形式で行われ、式が始まると引き締まった表情で臨んだ。

 終戦記念日の開催とあって、式冒頭に戦没者に黙とうをささげた後、深津徹町長は「平和とは何か、幸福とは何かを見つめ直す機会に」と呼び掛け、新成人には「未来には無限の可能性がある。10年後どうなっているかなどそれぞれ夢を描き、その夢に向かってまい進して下さい」とエールを送った。

 町議や各団体の代表らが出席し、島田弘美議長が激励の言葉。中学時代の恩師も駆け付けて式を見守った。新成人を代表し、町職員の実行委員長(20)は「お世話になったすべての人への感謝の気持ちを忘れず、社会を担う一員として責任ある行動をしていく」と抱負を語った。

 式に続いて意見発表もあり、代表の5人が決意を示した。また実行委員会主催のパーティーも用意され、旧友との再会を喜ぶ姿が見られた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞