調理師会などが調理技術講習会

地域の話題

[ 2015年 2月 23日 月曜日 9時17分 ]

 飯伊調理師会や飯伊飲料組合などは19日、飯田市竜丘公民館を会場に調理技術講習会を開いた。会員など約100人が参加。「心からのおもてなし」をテーマにした講話や、アルプスサーモンを使った調理実習を通して商売していく上で大切な技術や心を養った。

 県商工会連合会南信広域経営支援センターや飯田商工会議所との合同開催。講話には1996年に昼神温泉10軒の女将で設立した「昼神温泉おかみ会」の滝沢志津子会長(はなや大女将)をはじめとする計5人の女将が講師を務めた。滝沢会長らは、設立以来自費で講師を呼んでは「おもてなし」に関する勉強会を重ねてきたこれまでの経緯を振り返り「何よりも笑顔とあいさつが大事」と訴えた。

 また「印象に残るのは人と人との出会い、次に食事」とした上で、「高級な食材でなくても上質な手間を掛けた食は、提供者の笑顔と“一言”のソースがあれば感動のご馳走になる」と指摘。「クレームはお客さまからのラブレター、改善の宝物」とアドバイスし、「日々の努力と学習はとても大事。重要なのは心も身体も健康が基本」と呼び掛けた。

 実習では、地元食材のアルプスサーモンと、来年度から市場に出回るという大イワナ「大型の三倍体イワナ」を使った料理に挑戦。和食、洋食、中華の3本仕立てに両会の教養部員や技能指導員など専門講師5人が訪れた。

 参加者らはサーモンの南蛮漬けやから揚げ、蒸し物のほか大イワナの刺し身など彩り華やかな料理の味や見た目を研究した。飯伊調理師会の本田良治会長は「実践することが大事。地元の食材を使い、きょうの研修で得た知識を活用してもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24