飯伊連合猟友会がキジの放鳥

地域の話題

[ 2013年 10月 26日 土曜日 9時16分 ]

 飯伊連合猟友会(塩澤久一会長、会員765人)は25日、鳥類の保護・増殖と狩猟鳥類を確保するため、日本キジ216羽の放鳥を実施した。

 上田市の養殖場から運ばれた大日本猟友会助成事業による90日令キジ112羽、狩猟環境整備支援事業(県補助事業)による90日令キジ104羽の計216羽を飯伊8ブロックに割り当て、それぞれの地域で各ブロックの責任者と支部役員が放鳥した。

 県飯田合同庁舎の正面駐車場で割り当てられたキジは各ブロック長が引き取り、それぞれの地域に持ち帰った。大鹿、喬木、豊丘の竜東ブロックには40羽が割り当てられ、うち12羽を塩澤会長ら喬木支部の役員4人が同村小川上平のもろはら公園で放鳥した。

 塩澤会長は「キジの自然繁殖が減ってきている。人家近くに生息し、地面で生活したり営巣しているので、天敵のキツネやタヌキ、ハクビシン、野良猫などにやられてしまう。中山間地域が過疎化し農業が行われなくなっているため、キジが増える状況ではなく、長生きするのは少ない。なんとか元気に育ってほしい」と願っていた。

 事務局(県下伊那地方事務所林務課内)によると、キジはオスだけが狩猟の対象となり、目印として足輪がついている。狩猟したオスの足輪を事務局へ提出すると大日本猟友会から金バッジが記念品として贈られるが、年間3、4個にとどまっているという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞