飯伊連合猟友会がキジ放鳥

地域の話題

[ 2010年 10月 27日 水曜日 8時36分 ]

 飯伊連合猟友会(塩澤久一会長)は26日、90日間養育された日本キジ216羽を飯田下伊那の各地へ放った。同会を構成する8ブロックの代表が飯田市追手町の県飯田合同庁舎で割り当て分を受け取った後、各支部役員らと地元の野山へ放鳥し、繁殖を期待した。

 11月15日の狩猟解禁日を前に毎年実施。鳥類の保護と繁殖に加えて、狩猟会員の育成に必要な狩猟鳥類の確保を目的としている。ことしも昨年と同じく、大日本猟友会助成事業による112羽と、県補助の狩猟環境整備支援事業による104羽の計216羽を、飯伊の主に鳥獣保護区や休猟区など約30カ所へ放った。

 このうち、竜東ブロックの喬木支部は、塩澤会長(73)や木下貢支部長(74)ら4人が喬木村加々須で実施。ダンボール箱に入っていた体長30―35センチほどのオス・メス6羽ずつが野山へ勢い良く飛び立ち、さっそく鳴き声を響かせていた。

 木下支部長は「ことしは猛暑の影響もあってかやや小ぶりだが、タヌキやキツネなどの天敵に襲われることなく、1羽でも多く繁殖してくれるとうれしい」と期待。塩澤会長は「野生のキジはずいぶん減ってしまった。安全で適切な狩猟に努め、キジが生息できる環境づくりにも尽力したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞