300段を巨木が豪快に 飯沼諏訪神社で御柱大祭

地域の話題

[ 2016年 4月 13日 水曜日 15時37分 ]

 飯田市上郷の飯沼諏訪神社で10日、式年御柱大祭があった。300人以上が4・5トンの御柱を曳行し、クライマックスの神社前では300の石段を豪快に曳き上げた。

 丹保の仮安置所を午前8時に出発した2本の御柱は、今回から恒久化した直線の御柱街道を通り、県道市場桜町線(通称竜坂)で2回にわたって90度方向転換すると、最大の見せ場の石段へ。さらに人数が増えた曳き子たちは、木遣り唄に合わせて「よーいしょれ」と掛け声を上げながら綱を引いた。

 段差が大きい難所では数人が綱の上に乗ってバランスを取り、御柱が石段脇の溝に乗ると、曳き子たちはラッパ隊の軽快な演奏に乗って勢いよく御柱を引き上げた。

 今回は祭典実行委員会の呼び掛けに応じて飯田高校と飯田女子高校、飯田OIDE長姫高校の生徒が100人以上参加。上郷の住民と一体感を味わい、祭りの関係者を喜ばせた。

 予定より遅れたものの、2本の御柱は境内に無事建立され、沿道と神社周辺には約7000人が集まった。

 フィナーレの祝餅投げを終えた祭典実行委員長の櫛原利喜夫さんは「カーブでてこずったが立派にでき、感動している」と話した。

 御柱大祭には地元出身者でつくる東京上郷会(北原武司会長)の会員と家族33人も参加。祭典実行委員会は境内に専用のテントを設け、祭りに寄付をした一行を歓待した。

 役員とともに祝餅投げと直会(なおらい)にも参加した北原会長は「長野県は御柱祭と真田丸で盛り上がっている印象。諏訪の御柱祭を見てきたが、ふるさとの御柱祭もなかなか盛大にできて何より」と笑顔で話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10