飯田あぐり女学院 収穫した大豆で納豆作り

地域の話題

[ 2012年 1月 16日 月曜日 12時19分 ]

 飯田市の第8期「飯田あぐり女学院」はこのほど、伊賀良公民館料理実習室で1月講座を開き、受講者20人が上郷飯沼の畑で栽培し昨年11月に収穫した大豆(つぶほまれ)を使って納豆作りを行った。講師には、野菜ソムリエ・ジュニア食育マイスターでベジフルビューティーアドバイザーの久保田淳子さんを初めて迎え、大豆の栄養や魅力について話を聞くとともに、豆乳を使ったポタージュも作った。

 市農業課によると、大豆は5アールの畑で約70キロを収穫。前年(30キロ)に比べて収量が多かった。この日は4キロを使って納豆作りに挑戦。水に一晩浸けた大豆を圧力鍋で煮て、市販の納豆を煮豆に混ぜる方法で作った。湯たんぽを置き、こたつに入れて1日熟成させる。

 「納豆作りは初めて」という女性は、「難しそうと思っていたが、本当に手軽に簡単にできておいしそう。自分たちで栽培した大豆で作った納豆の味が楽しみ」と語った。

 「納豆が大好物」という久保田さんは、「大豆は血行を促進し不調を改善するビタミンEと、女性ホルモンの不足を補うイソフラボンが豊富」と説明。「地元で採れた食材を使って手作りする講座に招いていただき光栄で楽しかった。ホウレンソウの豆乳ポタージュも好評でよかった」と話していた。

 2月講座では、同じく収穫した大豆を使ってみそと豆腐を作る。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞