飯田で子ヤギ市場開催 国内唯一、頭数増で68回目

地域の話題

[ 2017年 7月 6日 木曜日 15時04分 ]

共進会で子ヤギを審査

 登録品種の子ヤギを扱う国内唯一の市場とされる「第68回下伊那子山羊(やぎ)市場」が6日、飯田市大瀬木の三尋石集畜場であった。飯田下伊那地域を中心とする農家らが日本ザーネン種の雌雄計62頭を出品し、共進会で審査を受けた。

 飼育技術の向上を図る目的で1949年から続けている。今回もJAみなみ信州と同畜産協議会、JA全農長野県本部が主催した。

 共進会では県飯田家畜衛生保健所や全農長野県本部などの担当者が、体格や顔、ひづめの形、毛並みなどを審査。雌雄2部門で特別優秀、優秀、優良の各賞を選出し、両特別優秀の中から知事賞を選んだ。

 競り市には県内外の買参者が集い、次々と番号札を上げて落札した。

 JAみなみ信州営農部によると、今年は出品頭数が24頭増と大幅に増えた。飼育頭数の増や、愛玩飼育をきっかけに種付けに興味を持つ人が出てきたことが理由という。

 昨年度の平均単価は大幅に上がり、8万円台。岡田喜昭畜産課長(53)は「単価高が生産意欲につながり、質の向上も見られる」と話していた。

 3年前に福井県からヤギを連れて売木村にIターンした後藤宝さん(62)も初出品した。市場の存在も移住理由の一つだったとし、「ヤギの文化が定着している地域の魅力をあらためて感じた」と話していた。

 飯伊のヤギ生産者はおよそ40戸。出荷量は県内産の9割を占めている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞