飯田で子ヤギ市場開催 国内唯一、頭数増で68回目

地域の話題

[ 2017年 7月 6日 木曜日 15時04分 ]

共進会で子ヤギを審査

 登録品種の子ヤギを扱う国内唯一の市場とされる「第68回下伊那子山羊(やぎ)市場」が6日、飯田市大瀬木の三尋石集畜場であった。飯田下伊那地域を中心とする農家らが日本ザーネン種の雌雄計62頭を出品し、共進会で審査を受けた。

 飼育技術の向上を図る目的で1949年から続けている。今回もJAみなみ信州と同畜産協議会、JA全農長野県本部が主催した。

 共進会では県飯田家畜衛生保健所や全農長野県本部などの担当者が、体格や顔、ひづめの形、毛並みなどを審査。雌雄2部門で特別優秀、優秀、優良の各賞を選出し、両特別優秀の中から知事賞を選んだ。

 競り市には県内外の買参者が集い、次々と番号札を上げて落札した。

 JAみなみ信州営農部によると、今年は出品頭数が24頭増と大幅に増えた。飼育頭数の増や、愛玩飼育をきっかけに種付けに興味を持つ人が出てきたことが理由という。

 昨年度の平均単価は大幅に上がり、8万円台。岡田喜昭畜産課長(53)は「単価高が生産意欲につながり、質の向上も見られる」と話していた。

 3年前に福井県からヤギを連れて売木村にIターンした後藤宝さん(62)も初出品した。市場の存在も移住理由の一つだったとし、「ヤギの文化が定着している地域の魅力をあらためて感じた」と話していた。

 飯伊のヤギ生産者はおよそ40戸。出荷量は県内産の9割を占めている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24