飯田で街路樹の日推進大会開く

地域の話題

[ 2013年 10月 18日 金曜日 9時47分 ]

 県造園建設業協会など7団体による今年度の「街路樹の日推進大会」が16日、飯田市で開かれ、県内の業界関係者や行政職員、一般市民ら約60人が参加した。音響波による樹木診断の講義や実演、せん定の実技講習などを行い、景観形成につながる街路樹の重要性を再認識した。

 「美しいまちは美しい街路樹から」と題し、6年前から県内を持ち回りで開いている。南信エリアでは今回の飯田会場が初開催となった。

 同市高羽町の市飯田人形劇場で開会式や講演会を開き、近くの公園や道路で実演、実技を行った。

 実演では、複数のセンサーを木の周囲に取り付けて音響波を発し、音の遅れなどから樹木内部の腐巧や空洞の状況を確認する樹木診断システムを学習。簡単な操作で樹木を傷つけることなく、街路樹から巨木まで対応できる機能を確認した。

 せん定実技では、同協会会員で街路樹せん定士指導員がイチョウの木をせん定。樹木の健康を維持しつつ、道路に影響を及ぼさない技法を示した。

 「夏に影をつくって歩行者に涼を届けたり、エリア一帯の景観形成の一翼を担うなど、街路樹が持つ多面的機能を皆さんにも伝えていきたい」と同協会副会長。「最新鋭の機器を学習したが、倒木の危険性がある街路樹を把握することは住民の安全・安心を守るうえで重要。業界としても認識を高めていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞