飯田のサクラ、23日に開花宣言

地域の話題

[ 2010年 3月 25日 木曜日 15時54分 ]

 飯田の桜の開花状況を判断する大宮通り桜並木の標本木が23日に開花し、南信州広域連合が開花宣言を発表した。昨年と並んで、史上最速タイの記録となった。

 同日午後、基準の「5―6輪の花を付けた」状態になり、同連合が開花宣言を発表した。

 旧飯田測候所が観測していた時期も含め、1958(昭和28)年の観測開始からもっとも早い記録となった昨年と同日で、史上最速タイ。12月から1月にかけての厳しい寒さで休眠打破した花芽が、その後の気温の上昇で開花を早めたと見られる。

 統計上の飯田のソメイヨシノの開花平年日は4月6日で、ことしも昨年に続き平年より14日早い開花。満開の平年日は、開花後5日目となっているため、飯田お練りまつりの最終日となる28日にも満開を迎えそうだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio